転職 面接 苦手

転職面接が苦手な人は多い。なぜだろうか。

転職,面接,苦手

転職での面接とどうも苦手だという人が存外多いのですが、なぜでしょうか。 一つには、転職の経験にあります。転職に関するベテランという人もなくはないですが、一般的には経験のほとんどないことだからです。こればかりは、何度も経験するわけにもいかないので。面接試験の練習で補うことしかありまえん。想定問答を用意し、友人・知人に協力を願うとかして本番さながっらに特訓することです。できれば、スーツも用意して行うことをお奨めします。受ける企業の近くに適切な場所があれば更にいい練習になります。 特訓したら、本番で上がらずに、いい問答ができるかというと、必ず大丈夫とは言い切れません。人間はその時々で欲とか感情が変化するからです。したがって、表情や声が大事ですから、表情が硬くならないよう、ある程度リラックスする練習も必要です。これは深呼吸で落ち着かせるのがいいので、前もって呼吸法を身につけておけばいいでしょう。声の上ずりは、大概のどからだけで声を出すからであり、お腹の底から声を出す練習をしておきましょう。 そして、一番肝心なことですが、自分を良く見せようとして実力を超えた背伸びをしないことです。意欲や積極性をアピールすることは大事ですが、理想の自分を表現しようとすると、現実の自分とは離れるので、心が上がってしまうのです。 地についた応対が自分を落ち着かせ、実力通りの自分を表現できるのです。 転職エージェントほど、各企業にコネクションを持っていることがある

転職をする際に行う面接〜合格〜

転職,面接,苦手

転職をする際に行う面接では、色々なことについて聞かれるということを覚悟しておきましょう。例えば自己紹介をしていて聞かれるものによくあるのが、趣味についてです。その際に、例えばテニスが趣味だとしたら、ただ単に「テニスです」と終わらせてしまうのはよくありません。「大学時代からテニスをしており、4年生ではサークルのキャプテンをしていたくらいなので、今でもテニスが趣味です。週末には社会人向けのサークルで練習をしています」というように、話がそのあとにも続くように持って行けると良いのです。そうすれば、自分の得意な話題で時間をとる事が出来るので、自ずと他の質問をされる時間が減って行く訳です。そうなると、答えられないような質問に当たるというリスクも無くなってくるという、良い循環が生まれるのです。このように自分から面接の流れをリードできるようになれば、合格も近くなってきます。転職活動というのは、時に長引くこともあり厳しく感じる場合も多いものです。しかし、出来るだけプラス思考に受け取る癖をつけて、自分を励ましながら前向きに頑張っていけば、必ずいつかは自分のやりたい仕事をさせてくれる会社に出会うことが出来るはずです。 443

更新履歴


このページの先頭へ戻る